GURANDの建築

トップページ > GURANDの建築
GURANDの建築
GURANDの建築

そのために大事なこと

素材 少しくらい、節や割れがあってもいい。

安心して長く住める丈夫な家を作るために、1番大事なこと。
それは、家をつくる材料そのものがどれくらい持つものなのか
を知ることです。
ポイントは日本の高温多湿な環境に耐えられるかどうか。
一般的には、家を建てる場所と同じ地域で育った木を使うのが
良いと言われています。
そのため、石川県で家を建てる私たちは能登や白山で育った
スギやヒバを使います。
自然素材を使うと、それだけコストが高くなると思われがち
ですが、それは節や割れのないきれいな材料を使った場合で、
節や割れを気にしなければかなりコストを抑えることができ
ます。多少の節や割れがあっても、強度や耐久性に変わりは
ありません。むしろ、節や割れがある方が自然の風合いが
あっていいと思いませんか。

能登スギ
能登ヒバ
技 やっぱり伝統の技。
技

良い材料を使っても、正しい方法で高い技術を持った職人が造った
家でなければ安心して住める家とは言えません。
家は木でできています。
木は呼吸をしています。
息苦しくなり、結露すると木はダメになってしまいます。
それを防ぐため、私たちは風を通し、耐久性の高い工法を採用し
ています。
また、ベテランの職人が1軒1軒丁寧に造っています。

要望 どんな要望であっても、形にします。

私たちはお客様とのコミュニケーションを最も大切に考えています。

帰りたくなる家。いごごちのいい家。安心して長く住める家。

そんな家を本気で造ることをあきらめないで下さい。

どんなことでも話しあい、お客様の要望に妥協することなく応えたいと思っています。

そのためには、キッチンやカーテン、木材に至る全ての材料は、カタログやインターネットで決めてしまうのではなく、実物を見て決める方が良いと思います。ショールームはもちろん、製材所にも一緒に行き、お客様にとって1番良いものを一緒に選びます。また、お客様の家族構成、趣味に合わせた家の形、間取り、使い勝手を考えた設計・デザインをご提案します。

気張らず、ざっくばらんに、一緒に家づくりを楽しみたい。
また、建つまでも建ててからも安心して住んでほしい。

そんな家づくりを私たちと一緒に始めませんか。